スーファミの逆襲

スーパーファミコンソフトをコンプリートしてコレクターになるまでのブログ

【48本目】スーパーピンボール ビハインド・ザ・マスク 〜ピンボール楽しい!デザインかっこいい!だけど・・・〜

f:id:sanemotosuperfamicom:20201119195547j:image

【発売日】1994年1月8日

【購入場所】メルカリ

【購入価格】690円

【相場】780円

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20201119195618j:image

いきなりスタート画面怖い!

ピンボールの実機を触ったことはないですが、昔父親が持ってたノートパソコンにフリーソフトピンボールのゲームが入ってて、けっこうやり込んだ記憶があります。

ピンボールってなんかいいなと思うのは、村上春樹1973年のピンボールのイメージが強いからでしょうか…

1973年のピンボール (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)

 

とにかく久しぶりのピンボール

スタート画面怖かったけど、モード選択もこんな感じ。

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20201119195611j:image

オシャレ…

フォントかっこいい!

何人かでスコアを競ったり、1人でクリアを目指したりできます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20201119195615j:image

台は3つ。なんというか、おどろおどろしいっすね…

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20201121114226j:image

とりあえずジョーカー台をプレイ。


f:id:sanemotosuperfamicom:20201121114233j:image

玉が入った場所によってはマルチボールっていう玉が2つになったりします。

他にも1回入ると1文字追加みたいな場所があって、この台だとJOKERの5文字を揃えると高得点、みたいなルールがあったり、シンプルだけど奥が深くて楽しめます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20201121114220j:image

昔ながらのピンボールって感じで、昔プレイしたパソコンのピンボールとほぼルール一緒でした。何も知らない人でも適当にガチャガチャしてたら楽しいと思います。


f:id:sanemotosuperfamicom:20201121114223j:image

あと、発射する時に仮面がぐるぐる回るので、真ん中で目押しするとスコアアップとか、スロット要素みたいなものもあります。


f:id:sanemotosuperfamicom:20201121114209j:image

たぶん1億点くらいにならないと次のステージにいけないみたいですが、なかなかスコアが伸び悩みます・・・けっこう難しいです。

ガチャガチャするだけではなく、意外といろんなテクニックがあるんです・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20201121114158j:image

フリープレイで次の台をプレイ。次の台はパイレーツオブカリビアンみたいな台です。発射時の仮面もドクロになってます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20201121114201j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20201121114229j:image

3つ目の台は魔法使い台ですね。昔のマジックザギャザリングみたいな雰囲気がいいですね。


f:id:sanemotosuperfamicom:20201121114204j:image

 この台は左右の直線に落ちてくる部分が見えず、なかなかプレイしづらい・・・

 

何日かプレイしましたが、1つこのゲーム大きな欠点があります。

それは、テンポが悪いこと。玉が下に落ちてしまった時、次の玉を発射するまでが長い!ゲームオーバーになったらより長い!

ただし、中毒性はあるので、何度もやりたくはなります。あとちょっとだったのに!みたいな気持ちにはけっこうなりますし、ピンボールはやっぱ楽しいです。ものすごく複雑になるとちょっとめんどくさくなりそうですが、絶妙なレトロ感というか・・・中世っぽい雰囲気で暇つぶししたい人にオススメです!

 

コンプリートまで残り1399本・・・やっと1400本きりました・・・まだまだ先は長いっす・・・

【47本目】トルネコの大冒険 不思議のダンジョン〜ほんとに一生遊べそう…〜

f:id:sanemotosuperfamicom:20200713195002j:image

【発売日】1993年9月19日

【購入場所】ハードオフ

【購入価格】900円

【相場】1280円

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20201018171341j:image

小学生の頃イトコの家にあってプレイした記憶がありますが、なんか面白いけど怖い…

みたいな印象だけが残ってました…不思議のダンジョン系って誰かの家でちょっとプレイしたことはあるけどちゃんとクリアしたことがないので頑張って全クリを目指します!!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200713194951j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200713195015j:image

自分の名前が村の名前になるんですね。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200713195010j:image

まずはちょっと不思議なダンジョンをクリアするように言われます。

地下10階の宝石箱を取ってこいというミッションです。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200713195006j:image

チュートリアル的な感じのダンジョンね!さすがに昔プレイしたことあるし余裕かと思ってたんですが…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200713194956j:image

めちゃくちゃ死にました。

性格的に慎重になれないんですよ…

強そうなやつでもとりあえず攻撃したりしちゃいます…そりゃ死ぬわ。

RPGもいろいろ魔法を使って工夫じゃなくて、

レベルを上げて物理で殴るの大好きだし…

向いてないのかもと心が折れかけました…

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200926134057j:image

これはなんか調子が良かった時の装備ですね!今見ると普通ですが、剣とか盾を強化できて、この時はすごく嬉しかった…

無事に宝石箱をとって帰るところかな…

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200926133747j:image

なんとかちょっと不思議なダンジョンをクリア…

思った以上に時間をかけすぎた…

次は不思議なダンジョンに幸せの箱を探しに行きます。何が入っているのか…ワンピースの最終回予想みたいに、絆!とか家族の思い出!とかはやめてほしいけど…

f:id:sanemotosuperfamicom:20200824193101j:image

いろんなものを持って帰ると店が大きくなっていくのいいシステムでした。

そして奥さん優しい!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200824193105j:image

店のまわりにはヤバい人も…これだけ見ると

完全にアウト…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200829105053j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200824193114j:image
こーいうサプライズしてくる奥さん…なんか店が大きくなるタイミングとかで驚かせてくれます。

f:id:sanemotosuperfamicom:20200824192103j:image

幸せの種を手に入れたとき思わずおぉ!って声が出ました。レベルが1つ上がるとかドラクエであったらびっくりですね…こんなすごいアイテムがあるんですね…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200824193124j:image

適当な性格なので、適当に装備して呪われがちです…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200829105058j:image

モンスターハウス

突然モンスターまみれの部屋に入ってしまうやつですね。これ小学生の時も怖かったけど、大人になっても怖い…特に道具や装備が心許ない時は絶望しかないっす…

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200915101514j:image

これはだいぶ慣れてきた頃ですね。

ハラヘラズの指輪が何より必須のアイテムだと気づきました。このゲーム空腹度があって定期的にパンとか食べないと倒れて強制帰還なんです…運が悪いとパンが全然見つからなくて何もできずに倒れたりしてストレスたまるんですが…この指輪があると全く腹が減らない!じっくり探索できます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915103652j:image

店もだいぶ大きくなって物を持って帰って倉庫に保存できるようになりました。

むしろ今までできなかったので毎回最初からプレイしているような悲しい気持ちになってました…どんなに強い武器見つけても、次ダンジョンに行くと裸からでしたから…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915101511j:image

目的の幸せの箱は27階か…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915103702j:image

これ怖くないですか?

わけわからないし、攻撃すると全員にボコボコにされます…攻撃しないと無害ですが…

最初めっちゃ怖かったけど、

慣れたら通路に誘導して一匹ずつ仕留めました。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915103649j:image

ついにバーまで開店…

相談もなく勝手にバーをひらく奥さんって現実だと離婚案件ですが…なんかゲームだと良かったね〜ってなります。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915101508j:image

家や店がどんどん拡張していきます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915101448j:image

やっぱり持ち物をダンジョンに持ち込めるようになってからかなり安定して探索ができるようになりました。常にハラヘラズの指輪をもっている状態になると楽な反面、緊張感は薄れてきましたね。

しかし鉄の斧をひたすら強化してた気がする…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915103645j:image

長くいると地震で強制的に下の階へ…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915103639j:image

しあわせの箱!!!

ついに手に入れました…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915103642j:image

クリア時の装備です。

盾ははぐれメタルの盾を強化してますが、武器がやっぱり鉄の斧…頑張って強化したな…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200915101452j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200915101501j:image

箱はオルゴールでした!

自分としてはかなり納得!いいオチです!たしかに幸せな気持ちになれますね。

f:id:sanemotosuperfamicom:20200915101456j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200915101505j:image

なんとかクリアしました。

もっと不思議なダンジョンもありますが、ひとまずエンディングまで見たということで…

しかしこのゲームだいぶ時間かかりました…特に序盤、まさか自分がちょっと不思議なダンジョンで死んだりするとは思ってなくて、小学生の時の方が慎重な性格だったのか…?と思っちゃいました。

トルネコ何が起こるかわからない恐怖は小学校低学年の時にすごく怖かったんでその分慎重なプレイをしてたのかもしれません…

ハラヘラズの指輪に気付くまで長かったし、持ち込みができるようになるまで長かったな〜でも楽になったら緊張感が無くなって作業になる感じも否めない…でもそんな物足りなさを感じてきたら、クリア後のもっと不思議なダンジョンに行けという話なんでしょう…

そこそこの時間をかけて遊びましたが、トロフィーとか実績があったらまだ5%くらいかも…このゲームだけでも一生遊べそうな深みがありますが、早朝からダンジョンに潜り続けるのに疲れたので一旦休憩します…

 

コンプリートまで残り1400本…

【46本目】上海Ⅲ 〜昔ゲーセンでよく見かけた上海・・・ついにプレイしました〜

f:id:sanemotosuperfamicom:20200830174650j:image

 

【発売日】1994年9月15日

【購入場所】ハードオフ

【購入価格】400円

【相場】500円

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200829110326j:image

昔よくゲームセンターで見かけました。麻雀牌を使ってるけど麻雀じゃない…おじさんが好きなよくわからないゲームという印象でしたが、パズルゲームだったんですね!歳をとるとパズルゲームを求める自分がいて、すっかり今じゃそのおじさん側の気持ちがわかるように、なってしまいました…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200829110335j:image

対戦とか協力プレイもあるみたいですね。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200829110250j:image

スタート時の形を選べます。

干支???

とりあえずネズミを選びます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200829110331j:image

ルールとしては同じ牌を選んで消していくってのが基本です。ただし両隣に牌があるもの、上に別の牌がのっかってるものは選べないって感じです。春夏秋冬や花の牌は同じじゃなくても同ジャンルならOKみたいなちょっとした特殊ルールもあります。

全部消したらクリアです。

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200829110255j:image

麻雀はわかるのでサクサク同じ牌を探して一発クリアを目指しましたがあっさり時間切れ…

慣れてないのかと思いましたが、このゲームけっこう制限時間短いです!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200829110259j:image

ただコンティニューできるので

ついつい何度もプレイしてしまいます。

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200829111643j:image

ただ何度やってもうまくいかず、時間切れはなくなってきたんですが、手詰まりというゲームオーバーになりまくりました。これはバラバラなものが残ってしまって絶対クリアできない状態になることです。後半は考えてプレイしないと手詰まりになりがちです。

しかし何度プレイしてもゲームオーバーになるんで、最初の配列を変えてみようと思い、ネズミから犬に変えると…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200829105858j:image
あっさりクリアできた…最初の形けっこう大事!

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200830183017j:image

クリアすると犬の絵と四字熟語が・・・

しょっけんはいじつ【蜀犬吠日

無知な人は、当たり前の事柄にも、怪しんで恐れること。 また、見識もなく劣った者が、他人の言動をむやみに批判すること。 「蜀犬しょっけん、日ひに吠ほゆ」と読み下す。

とのことです。全然知らなかった・・・勉強にもなるな〜

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200830183021j:image

クリアするとミニゲームが・・・神経衰弱みたいな感じですね。

マリオ3を思い出します。

しかしパズルゲームでクリアするたびに神経衰弱させるって、脳への負荷が心配になります。

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200830183028j:image

ほぼ運ですね・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200830183025j:image

 ちなみに猪もクリアしました。四字熟語は猪突猛進。

 

 

全てはクリアできなかったんですが、けっこうクリアするの大変でした・・・慣れると簡単なのかな?ピクロス以来の中毒性があるゲームですね・・・ついもう一回!となってしまうのでずっと遊べます。ルールも簡単なので、まず麻雀の牌に慣れるのが必要ですが、でも気軽にプレイできるいいゲームでした。安く売ってるのを見つけたらぜひ!!!

毎年その年の干支を正月にプレイすると縁起が良さそうでいいかもしれないです。

 

コンプリートまで残り1401本・・・

 

【45本目】首都高バトル94〜ドラクエ5全クリくらい時間かかりました〜

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200816101642j:image

【発売日】1994年5月27日

【購入場所】マンガ倉庫

【購入価格】400円

【相場】320円

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222327j:image

地味に相場より高く買ってしまいましたね…まぁ駿河屋価格で計算してるんで送料込みなら安かった…のか??

とにかく買った時はリアル志向のレースゲームをすごくプレイしたかったんです。

本格的なレースゲームを初めてプレイしたのがプレステのリッジレーサーで、グランツーリスモシリーズは3から6まで揃えているくらい好きです。

自分にとって、スーファミのレースゲームと言えばマリオカートなので、こういうリアル志向のレースゲームはスーファミでは初プレイです。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222317j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222353j:image

マジで渋すぎる髪型…

優しいけど怒ったらめちゃくちゃ怖そうなタイプっぽい…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222358j:image

モニターということで気前よくカスタマイズしてくれるし、優しい


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222349j:image

自分も名前は知っている土屋さん。

ドリフトで有名ですね。いつもこのポーズで操作方法を教えてくれます…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222314j:image

とりあえず三周くらいすると…これ、マリオカートっぽい!

操作感がかなりマリオカートに近いです。はてなブロックやジャンプボタンがないマリオカートという表現がしっくりくるような気がします。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222311j:image

走り終わるとチンピラが絡んできました。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222257j:image

負けといてよく言うぜ!

と思いながらも憎めないやつです…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705221842j:image

おぉ!首都高…これが首都高か…九州人にはよくわからない…

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200711073653j:image

かなわねえやってリアルで言われたことないけど…かわいいやつですね。

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222330j:image

めっちゃ気になるタイトル。

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222338j:image


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222341j:image

ハンデでハイヒールで運転か〜

 

いやいやいや!

 

ハンデとかいいから!危ないからやめた方がいいって!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222300j:image

まだけっこう余裕で勝てます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222334j:image

ハンカチでキーってやってる…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222401j:image

ここで車がGTRに…

全然お金払ったりしてないけど、モニターだからいいのかな?

太っ腹!

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222322j:image

なんか夜と違ってカジュアル…

でもボンネットの上じゃないと話せないんですかね…?


f:id:sanemotosuperfamicom:20200705222308j:image

なかなか面倒なコース…

コーンの間を通っていくタイプなんですが、けっこうルートが分かりづらい…

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200712042102j:image

なにやら新キャラが絡んできました。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200712042120j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200712042116j:image

まぁまぁ早い!

ちよっと手こずりましたが勝利。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200712042105j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200712042109j:image

この流れは…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200712042113j:image

タイムアタック

ここからが地獄でした…

2分5秒を切るってまぁ大丈夫でしょと思ってたんですが…

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104234j:image

すごい絶好調だ!という時のタイム…

三周目ほんとあとちょっとだったのに…

この時死ぬほど悔しかった…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104515j:image

10日くらいかかってやっと切りました…ほんとにまずここで心が折れかけました。

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104247j:image

嬉しさのあまり記念のスクショ


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104012j:image

キングがちゃんと現れました。

さすがキング!髪型渋い!

しかし勝負はけっこう楽に勝てました。2分5秒を切るために、ものすごく走り込んでいたからでしょう…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104006j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104504j:image

なんか負けたくせに勝ち逃げされたみたい…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104024j:image

お、久しぶりのライバル君。

この人たちのコミュニティ

とにかく情報が早いな〜

またバトルして勝ったら情報を教えてくれるそうです…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104018j:image


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104021j:image

まさかの展開…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104253j:image

と言われて首都高走ってると…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104015j:image

こわい!

そしてこっからが第二の地獄…

また10日くらい走り込んでなんとか勝ちました…1度ミスすると基本的には絶対勝てないんで集中力と調整がかなり必要でした…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104257j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104238j:image

負けた顔ひどいな…

あんなに怖かったのに…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104030j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104231j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104242j:image

と言って勝負しましたがボロ負けでした…

無理!速すぎる!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104027j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104250j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104228j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200816104009j:image

お、終わり!?

じゃあ最後のバトルで勝たないと真エンド見れないパターンね…

まぁ今回はエンディング見たからよしとしよう…

 

ストーリーとかあってないようなもんだし、首都高なのに通行量めっちゃ少なかったりといろいろ突っ込みどころ多かったですけど、これ、たぶんエンディングまでドラクエ5 のプレイ時間くらいかかりましたね…すごく楽しいというより、修行感が強かった気が…ただ投げ出さなかったのはやっぱり楽しかったからなのかな…

難易度が高いので腕を上げるためのトライアンドエラーが楽しいのかもしれません…

 

感覚的には、ストイックにマリオカートタイムアタックをひたすらプレイしてる感じでした。

そしてパーツの交換とかカスタム機能があるんですが、パーツを変えるとマリオカートのキャラを変えて走るくらい挙動が変わりましたね。ほぼマリオカートしか言ってない…

解放感すごいんですが、これ続編がスーファミであるんですよ…またいつか頑張ります…

 

コンプリートまで残り1402本…

【44本目】学校であった怖い話 〜90年代の怪談ブーム世代にはたまらないゲーム〜

f:id:sanemotosuperfamicom:20200324072339j:image

 

【発売日】1995年8月4日

【購入場所】ハードオフ

【購入価格】900円

【相場】980円

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090902j:image

サウンドノベルすごく好きなんです。

かまいたちの夜は超名作という認識です。大人になってからスーファミサウンドノベルは友達とワイワイプレイした記憶があります。かまいたちの夜学校であった怖い話はシナリオによってはすごく怖かったです…

学校であった怖い話はネタとしても最高で、笑えるものはすごく笑えるし怖いものは怖い…かまいたちの夜と比べると一話完結のストーリーなので短時間でサクッと楽しめます!

ただ、学校であった怖い話バッドエンドで殺された記憶しかないので、今回は生き残れるよう頑張ります!

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090905j:image

始めようとすると、前の持ち主が名前を桜木花道にしていて笑いました。怖くないようにしたのかな?90年代感がすごい…

これを見習って自分もときメモ始める時名前を浦飯幽助にしました。

 

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090909j:image

話を聞く順番でストーリーやエンディングが分岐します。

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090855j:image

久しぶりに見た福沢さんは福沢さんですね…これスタッフが演技してるらしいっす。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090845j:image

このイライラさせられる話し方…

わかっていてもイライラする…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090852j:image

選択肢によって最悪のケースはバッドエンドでゲームオーバーになります。

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090915j:image

次は新堂さん!

自分の中では悟りイケメンですね。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090912j:image

飴玉ばあさんの話をしてくれます。こーいう噂小学校の頃ありませんでした?オチは微妙ですけど、まさに学校であった怖い話って感じで、90年代の七不思議とかそーいう独特の文化を思い出させてくれます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090839j:image

自分の幸せは自分でつかむってのかい?


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090842j:image

さすが新堂さん…

心に響くことを言ってくれてありがとうございます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090858j:image

次はおなじみトイレの細田


f:id:sanemotosuperfamicom:20200504090919j:image

誰だってトイレを我慢するのは体によくない…

 

とにかくトイレの話ばっかりしてきます。

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145806j:image

荒井は見た目が怖い話向きですね。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145907j:image

サッカー部めちゃくちゃ意外!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145837j:image

死神鉛筆の話。

ハンターハンターを思い出す…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145801j:image

なんかよくわからん写真がでてくるっていう…誰??


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145841j:image

死神デザインかっこいいな。

しかしこいつが校門にやってくる…怖い話というかなんというかって感じの話でしたね。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145826j:image

スンバラリア星人こと風間さん…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145915j:image

自分が宇宙人だと言い張ります。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145859j:image

うーん、この顔!!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145757j:image

自分も宇宙人だと適当に言ってみると匂いが違うと言われます…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145851j:image

意外と本当に宇宙人だったというオチ…

かまいたちの夜もそうですが、こーいうふざけた話を挟むことで他の話の不気味さ、怖さが引き立ちますね。なんだかんだ憎めない風間さん…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145754j:image

でた、メンヘラ岩下さん。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145911j:image

意外と1番ヤバいのがこの人。

選択肢によってはよく殺されたような気がします…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145830j:image

ルーペライズという石の話。願いを叶えるという石には裏があるという話です。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145846j:image

最後に日野先輩がやってきます。

今回はどのエンディングだろうか…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145834j:image

飲み物の選択肢怖すぎる…

間違えたら死にそう…

ただし正解もわからないっていう…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145903j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145817j:image

なんか昔理科室に忍び込んだ的な話です。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145750j:image

温かい液体にとりこまれる岩山くん、これすっごい気持ちいいよって気持ち悪いよ!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145855j:image

やっぱり飲み物に薬が…

みんな同化して気持ちよくなろうエンド…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145821j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200505145747j:image

うーん、あんまりスッキリしないエンディング…放課後殺人クラブルートがよかったんですが…

 

とにかく実写の役者さん(というかスタッフ)のキャラ立ちが最高です!話によってうーん、と思う話もありますが、話も種類が多く、総じてクオリティは高くていつプレイしても楽しいです!大学生くらいの時に友達と夜中にプレイしてましたが、楽しかったな〜キリがいいところでコンビニに買い出しに行って…という思い出が蘇ります。

全然まだシナリオを見終わってないので、ずっと遊び続ける大事なゲームです!子供が小学生になったらプレイさせてみるかな…

 

コンプリートまで残り1403本…

 

 

 

 

 

【43本目】スーパードンキーコング2  ディディー&ディクシー 〜生涯ベストゲーム確定〜

f:id:sanemotosuperfamicom:20200502121947j:image

【発売日】1995年11月21日

【購入場所】マンガ倉庫

【購入価格】500円

【相場】1260円


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502121943j:image

 

ゲームも映画も2が好きなんです。

バックトゥザ・フューチャーとか…1のいいところを伸ばし、悪いところを失くしてくれるからですかね…

 

今回のスーパードンキーコング21の素晴らしいグラフィックやサウンドを引き継ぎ、DKコインやボーナスステージのギミックが増えて、最高なアップデートがされてます。ちょっとプレイするつもりが、のめり込んでしまい、攻略本片手に102%にしてしまいました。

 

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200509055300j:image

102%が完全クリアです。

 

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200509055346j:image

この攻略本にはお世話になりました。

一回自力でクリアした後に、完全クリアを目指すべく毎朝これを見ながらプレイしてました。

 

やっぱりスーパードンキーコングシリーズは最高。アクション性やステージのギミックもすごいんですが、2は特に音楽の評価が高いゲームだと思います。

 

スーパードンキーコング2

スーパードンキーコング2

 

20万はやりすぎな価格だとは思いますが、それくらい素晴らしい音楽ばかりです!

 

 

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122217j:image

まずはステージ1のかいぞくせん「バッドクルール」です!勇ましい音楽のステージが多く、海賊船モチーフをうまくいかしたギミックが面白いです。

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122200j:image

メインマストクライシス…

マストを縦長のステージに見立てる発想も最高ですが、音楽も素晴らしいです。上からヒューンという音とともにロープを滑り降りてくる敵が印象的です。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122558j:image

アスレチックデッキはオーソドックスなステージ。地味に船のディテールとかしっかりしてるんです。

 

ステージ1は海賊船モチーフの勇ましい曲で操作の基本を学ぶ感じですね。難易度的にそこまでじゃないし、楽しげな雰囲気を味わうことができました。

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200502212338j:image

ステージ2はマグマのどうくつ「クロコドーム」


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122209j:image
初鉱山ステージであるタルタルこうざんはなんといっても音楽!鉱山らしくキン!という音が響く感じのステージですね!

実際に洞窟にいるような残響音がする効果音とか音楽の使い方が最高です!

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122614j:image

ねっききゅうライドは独特の操作感で気球を動かします。音楽も相まって、気球の動きはゆっくりですが緊張感があります。死ぬときはターミネーターばりにゆっくり気球と共に溶岩に落ちた記憶があります…

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122127j:image

ちなみにファンキーコングの感じも今回が1番好き!音楽もキャラもめっちゃファンキーです!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122554j:image

ステージ3はふねのはかば「クレムクエイ」

ステージ1はワクワクする海賊船のステージでしたが、ここは緑色の悲しい船の墓場です…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122537j:image

ステージ3といえばとげとげタルめいろ…

このイバラのステージの曲はスーファミ史上屈指の出来じゃないでしょうか…?

虚無感というか、ホームシックになった時の感覚を再現してるというか…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122544j:image

タルがくるくる回って、正解のルートで発射していかないとマジで迷います…そんな状況で切なすぎる音楽…

小さい頃迷子になった記憶が蘇ります…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122417j:image

ラトリーにだいへんしんでは、ついにラトリーそのものになってしまいます!

まるでBLEACH

アニマルに乗るんじゃなくてそのものになるのは今回から。なんでもあり!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122101j:image
あとは沼ステージ。ここはどろどろクロコジャンプですね。この剣を持った敵は空振りすると剣が地面にささって抜けなくなるというお茶目な敵です。こんな不気味なところでコミカルな要素もあって変な気持ちになりました…

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122618j:image

ステージ4ははちみつパーク「クレムランド」

切ない気持ちになっていたのにここでテンション上がります。みんな大好きなコースターステージがあります。
f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122155j:image

今回はどくろコースターです。遠くに花火が見える遊園地…

楽しいですけど夜の遊園地なんで切なさもあり雰囲気最高です。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122410j:image

コースターレースも楽しい!

敵と競争するってアイデア最高です。アクセルもブレーキもないですが、うまいこと近づいたら踏んづけます。たしか一位になったらDKコインをもらえるんですよね。

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122122j:image

ステージ5はあやしの森「ダークレム」

タイトルに「クレム」と入れるのが好きなのがわかってきました。

ステージ3と同じように切なさや寂しさを感じるステージですね。

まともな森はありません。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122130j:image

かぜのもりはいきなりこの木が怖いですね。子供が怖がってました。風を利用して遠くまでジャンプしたりとテクニカルなコースです。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122105j:image

きりのもりは見ての通り見づらい!

このあたりから普通にクリアするのが難しくなってきました。

森ステージも沼ステージと同様に寂しい気持ちにさせてくれます…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122147j:image

ステージ6はさんちょうのとりで「クロコブルグ」

ここのステージは全部難しいです。普通にクリアするのに時間かかったので、後でDKコインやボーナスステージをコンプリートしに来ると思うと気が滅入ったのを覚えております…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122152j:image

こごえる地下水路…

音楽はいいけどツルツルと泳ぎというめんどくささを組み合わせたようなステージ…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122116j:image

このクラッシュエレベーターも大変だったな…

強制スクロール系好きだけど…

ただこの後のかぜの鉱山クサリのとうなんか含めてやたら難しい!ひたすらにトライアンドエラーの繰り返しでしたね…

この辺の音楽は画像を見たら強烈に蘇ってきます…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122205j:image

どくどくタワー!

ここがトラウマになってる人も多いのではないでしょうか?さんざん難しいステージをクリアした上でコレですからね…

小学生の頃の自分もここで心が折れた記憶が…

下から迫ってくる系も自分はそんなに嫌いじゃないですが、ラトリーになっての操作とか、ただでさえ焦るのにいつもと違う操作感を求められるし大変でした…

ただある意味ここまで来るのにだいぶスキルは上がってるのでクリア自体はそこまで時間はかかりませんでした。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122220j:image

最後のステージはそらとぶせんかん「デビルクルール」

シンプルなステージで、スクリーチレースとラスボスしかいないです。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122421j:image

スクリーチレースレースが始まるまでがけっこう長い・・・というか遠い…レースが始まるまでのアクションにシビアさが求められる上に、レース自体も周りがトゲまみれでいやらしいコースでした…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122606j:image

ラスボスはキャプテンクルール。

この鉄の玉を銃に放り込むとダメージを与えられるシステムです。いろんなものを飛ばしてきたり、パターンを覚えるまではけっこうキツイです。バスの中では苦労しましたがなんとかクリア…

 

全部クリアしたのでいよいよロストワールドへ…

DKコインを集めつつ、ある程度集まったらロストールドに行ってました。最初は楽しく集めてましたが、後半はコインの入手が難しい上に集めたら集めたで、ロストワールドで地獄を見せられるというループに陥りました…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502212955j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200502212945j:image

印象的なのはホットドームタイザー

吐きそうでしたよ…

ただでさえ難しいコースなんです。回転しないと倒せないハリネズミと踏まないと倒せないワニがいやらしく配置されて、タルは時間制限で発射されるのにハチまみれでシビアな操作を求められる…

クリアすることが単純に難しいんです…

それなのに、それなのにですよ!

最後の最後にボーナスバレルがあって、そのボーナスステージではイバラまみれの中、

タルで進んでいくミスりやすいステージ…ミスったらやり直しですよ…

ここほんと辛かったな…

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502212941j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200502212950j:image

楽しかったステージはタイヤジャングルですかね…

タイヤジャングルは難しくはないけど、このタイヤのアクション楽しいのにここ以外出てきてないような…

 

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200711165348j:image

そして問題のアニマルランド…

もはや画像もなく攻略本の画像とゲームオーバーの画像しか残っていません…もう疲れ切っていたのでしょう…序盤はいいんですよ、楽しめるくらいだった気がします。ちなみになぜか攻略本はライドになってます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200711165354j:image

問題はスコークスです。

ただでさえ、周りをイバラに囲まれた難しすぎるステージで、風が突然あらゆる方向に吹くという鬼畜ステージ…

f:id:sanemotosuperfamicom:20200711165432j:image

無限アップなど使ってないので何度この画面を見たことか…



f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122540j:image

ボスはまたキャプテンクルール。

今までの苦労に比べると全然大したことなかったので、写真を撮り忘れる始末…

ラストランって感じでした。

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122551j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122610j:image

f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122434j:image

なんとか完全クリアです!

人生で初めて…

小学生の時にプレイして、今30代で完全クリアか…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122142j:image
f:id:sanemotosuperfamicom:20200502122137j:image

始めてこんなエンディング見たな…

音楽もグラフィックも素晴らしいですね。

 

振り返ってみると、なんというかフルマラソンを終えたような気持ちだったような気がします。今回は攻略本を見ながら102%を目指したので、最近のネットだよりの攻略ではなく新鮮な気持ちでした。アクションゲームって紙の攻略本の方が楽かもです!パッとめくってパッとわかるし…

朝から攻略本を見ながら一人四苦八苦して、小学生の夏休みの朝みたいでした…

ドンキーコング2はやっぱり音楽の素晴らしさがぶっちぎりですが、すごいと思ったのがこれだけ難しいのに心が折れなかったところでしょうか…

普通ならやめてますが、難易度のさじ加減と音楽、雰囲気がまたやろうという気持ちにさせるんでしょうね…

恐ろしいゲームです…

間違いなくこのゲームは生涯ベスト級のゲームですね!

2ってホントいいですね!ありがとうレア社、ありがとう任天堂

 

コンプリートまで残り1404本…

【42本目】大仁田厚「FMW」 〜世の中のみんながクソゲーと言っても俺は好き〜

f:id:sanemotosuperfamicom:20200704083233j:image

【発売日】1993年8月6日

【購入場所】ブックオフ

【購入価格】100円

【相場】930円


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704083254j:image

大仁田厚を知っているか知らないかでいうと辛うじて知っている、くらいのプロレス弱者ですが、このゲームは大好きです。

ある本でこのゲームがクソゲーとして紹介されてました。

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704083250j:image

まぁ操作性とか格ゲーとして見たら確かにチマチマ攻撃したり微妙な当たり判定だったり、いろいろ思うところはありますが、このゲームは不思議な魅力があるんです…

それが伝わるといいのですが…


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704083246j:image

最初の敵はお相撲さん。

いきなりすごいのきますね。普通にプロレスラーとかじゃないです。

まるで刃牙の地下トーナメント…

そして背景のこだわり!

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704083230j:image

基本はキックです。

そして今までの経験から学んだとりあえずジャンプキックです。

ダッシュしてぶちかましというのがあるんですが、全く使い物になりません。

相手と組み合った状態で十字キーを押しながらボタンを連打すると必殺技がでます。

押す十字キーによって消費するメーター量や威力が変わるのですが、

とにかく指が痛い


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704083237j:image

ここはまだ余裕。ちなみに勝つと、

後ろで新幹線が走り、富士山が噴火します。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704083258j:image

次はロボ。

まだ二戦目ですけどもう見るからに怪しいロボ。

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090611j:image

ピョンピョン飛び跳ねるし、

パンチすごい痛そう…鉄??


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090650j:image

ただまだなんとか倒せます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090131j:image

勝っても負けてもこんな感じで評価されます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090634j:image

次はボクサーです。お相撲さん、ロボ、ときたのでかなり普通に感じます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704085857j:image

ただこのボクサーやたらリーチが長く、スピードが早い!!

ここにきてかなり苦戦します。

ボクサーはいつも強い・・・餓狼伝説を思い出しました。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090559j:image

やばい、けっこう厳しい・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090623j:image

次は問題のディスカバー・ラヴです。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090703j:image

普通に戦っていると別に問題ないというか、

むしろ弱いんですが・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704085906j:image

ピンク色の煙を吐くと、なんとキノコに変身し、サイケデリックな世界に連れて行かれます。うーん、アウト感すごいけど…

ここでは敵は素早くピョンピョン動き、こちらのダメージがほぼ入らないという理不尽な世界・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090720j:image

強い上にとにかくイライラします。ここで詰まって一時中断、日にちを置いて再度挑戦することに・・・ほんとにメンタルやられます・・・

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090126j:image

倒せた時は嬉しかったです・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090637j:image

名前と顔・・・

これはいろいろと大丈夫なのか?

さっきのディスカバー・ラヴと違う意味で心配になりました。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090641j:image

そんなに強くはないので問題なし。

ちなみに各ステージの端まで行くと、こんな感じでダメージくらいます。電流や炎ですね。

端まで敵を追い詰めてステージを使ってダメージを与えまくる戦法もけっこう大事。

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090123j:image

やっと前回プロレスラーだと思ったらまた変態が・・・

 


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090659j:image

もうロープというより電流です!

そしてこの敵の格好・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090714j:image

見た目の割にそんなに強くない・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090555j:image

いよいよラスボス!

キング・シャドウ戦です。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090707j:image

ラストステージはまさかの国会議事堂前・・・

敵にのっとられているみたいですね…最高の背景です。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704142108j:image

そこそこ苦戦して倒す・・・すると爆発が!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704142114j:image

国会議事堂がなくなり・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704142111j:image

キングシャドウの正体が・・・

自分!?

真のラスボスは大仁田厚自身だった!!

 

まあ衝撃の展開なんですが、相手と色も形も一緒なので、プレイしていてどっちが自分かわからなくなる!

こんな体験はこのゲームしかできないんじゃないでしょうか・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704142118j:image

自分に勝った!

でもこの画面だけだと勝ったのか負けたのかわからない!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704142103j:image

最後は大仁田厚からの言葉が流れます・・・

調子にのってるやつになるなと・・・

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200704142154j:image

でも自分に負けそうな時には叫ぶんですね・・・


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704142157j:image

己の敵は己じゃ!

 

f:id:sanemotosuperfamicom:20200704142152j:image

おしまい。

たしかに己の敵は己ということをしっかりゲームで再現してくれた気がします。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090654j:image

クリア後はメニューに女子対戦というモードが追加されます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090630j:image

よく対戦後に評価してくる女子プロレスラーを操作します。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090723j:image

ジャンプできない上に敵はどこからともなく飛んできたパイプ椅子で攻撃してきます。


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090646j:image

最初は驚きましたが撃破。とにかく最初から攻め続けるのがコツみたいです!

f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090619j:image

なぜかドレス姿で語りかけてきます…

たしかに指が痛い!


f:id:sanemotosuperfamicom:20200704090548j:image

そこそこ大変でした…餓狼伝説の1をクリアした時を思い出しました。

 

 

このゲームをプレイしたのは10年ぶりくらいで、当時は大学生かな?友達とマンガ倉庫に行って買ってきたこのゲームをワイワイプレイしました。ロボが出てきたり、キノコになったりと、笑いながら楽しんだ記憶がありますね…

ひさびさやってみるとけっこう難しい昔の方がゲーム自体うまかったように思います。

ただ、クソゲーと言われているこのゲームはやっぱり憎めないというか楽しいゲームだと思います。背景やキャラクターなど、プレイヤーを楽しませようとしているのが伝わるし、勢いを感じるゲームデザインだな〜と感動しました。格ゲーとしてではなく、大仁田厚ゲーとして楽しむゲームじゃないでしょうか?これが楽しめなくなったらそれはゲームじゃなくて楽しめない自分が悪いと思いましょう…己の敵は己です…

 

 

コンプリートまであと1405本…